2023年12月19日 更新

新人賞

第227回 短編小説新人賞

【最終選考作品】スピカ(著:岩月きさらぎ)

‌ 外れた音を叩いた人差し指からミスが広がる。心臓が嫌な音を立て、視界がみるみるうちに狭まっていく。緻(ち)密(みつ)…

新人賞

第227回 短編小説新人賞

【最終選考作品】トンネル(著:池田佑)

‌ 十二歳の夏、ぼく梶(かじ)井(い)陸(りく)は母と四つ下の妹はるとともに、東京から母の生まれ故郷の田舎(いなか…

まんが試し読み

もののけ寺の白菊丸

大和の国・勿径寺。そこには物の怪が棲むという。

瀬川 貴次  装画:大西 実生子

もののけ寺の白菊丸 まんが試し読み

小説

親王画眉/夕化粧

『後宮茶華伝 仮初めの王妃と邪神の婚礼』発売記念 はるおかりの書き下ろし番外編

親王画眉 ‌‌「待って、顔を洗う前にもう一回見せて」‌ 整(せい)斗(と)王(おう)妃(ひ)付き首席女官・周(し…

2023年12月13日 更新

まんが試し読み

若旦那さんの「をかし」な甘味手帖

北鎌倉ことりや茶話

大丈夫。つまずいても、次の一歩を踏みだせる。

小湊 悠貴  装画:moko

若旦那さんの「をかし」な甘味手帖 北鎌倉ことりや茶話 まんが試し読み

2023年12月8日 更新

その他

君と、読みたい本がある 対談

岩谷翔吾

君と、読みたい本がある 対談 第二回

岩谷翔吾さんの『青春と読書』連載、「君と、読みたい本がある」では、物語中に登場する小説を生み出した作家と岩谷翔吾さんの対談も掲載中。 オレンジ文庫公式ホームページでは、誌面に掲載しきれなかったこぼれ話をWEBならではのボリュームでたっぷりお届けします。
小説

eコバルト文庫試し読み連載

亡き王女のオペラシオン

ゆきた 志旗  装画:小鳩白果

亡き王女のオペラシオン 第一回

【前奏曲】 ‌ どこか不気味さの漂う、異質な女だった。‌ 煌きらびやかな宮殿には似合わぬ質素な身なりの平…

小説

波間の横顔

doi

波間の横顔

 対向車の少ない海岸沿いの道路を私は軽自動車でひたすら走っていた。日差しがやけに強く、海面に反射した光の粒が視…

文庫試し読み

【コミカライズ記念試し読み】

竜の国の魔導書

森 りん  装画:庄屋

【コミカライズ記念試し読み】竜の国の魔導書 第二回

その他

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば

いぬじゅん  装画:mashu

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば 第四回

『この恋は、とどかない』など、せつない恋愛や、心をゆさぶる物語が人気の作家・いぬじゅんがお送りするお悩み相談室。悩める読者のみなさんのお悩みにズバッと、時にはゆるっとお答えします。
まんが試し読み

相棒は犬

転生探偵マカロンの事件簿

探偵と犬、時々ヤクザのふわもこバディミステリー!

愁堂 れな  装画:奈良千春

相棒は犬 転生探偵マカロンの事件簿 まんが試し読み

2023年12月1日 更新

小説

おもかげ

遊川 ユウ

おもかげ 後編

 私が買った帽子と眼鏡をつけた一くんは、何とか皇煌希の面影おもかげを消したものの、お忍びで出かける芸能人そのも…

文庫試し読み

【コミカライズ記念試し読み】竜の国の魔導書 第一回

その他

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば

いぬじゅん  装画:mashu

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば 第三回

『この恋は、とどかない』など、せつない恋愛や、心をゆさぶる物語が人気の作家・いぬじゅんがお送りするお悩み相談室。悩める読者のみなさんのお悩みにズバッと、時にはゆるっとお答えします。

2023年11月20日 更新

その他

君と、読みたい本がある あとがき

岩谷翔吾

君と、読みたい本がある あとがき 第四回

集英社の読書情報誌「青春と読書」で連載中の小説『君と、読みたい本がある』。岩谷翔吾による執筆後記と未公開写真をお届け!

2023年11月16日 更新

小説

地下の星のお姫様

氏家仮名子  装画:おと

地下の星のお姫様

 毎週水曜日に彼女は踊る。‌ 狭いステージの上で、仲間たちと踊る。‌ わずかな観客に見守られながら、もがく…

小説

おもかげ

遊川 ユウ

おもかげ 前編

 最初の異変に気付いたのは、駅の改札で待ち合わせたときだった。小走りで駆け寄ってくる彼氏の姿が、推しのアイドル…

小説

これは経費で落ちません! 11 ~経理部の森若さん~ 番外編

お人好しの希梨香

青木 祐子  装画:uki

お人好しの希梨香

「――そんな噂、嘘に決まってる! いや絶対にないって! なぜ太(たい)陽(よう)が森(もり)若(わか)と? あ…

小説

招きねこのフルーツサンド 番外編

ときめきの宝石サンド

後白河 安寿  装画:mashu

ときめきの宝石サンド

 お盆を過ぎ、暑さのピークは通り過ぎた――かと思いきや。‌(とけそう……)‌ 定時で職場を出た実み音ね…

小説

龍の身代わり 偽りの皇帝は煌めく星を恋う 番外編

龍の身代わり 偽りの皇帝は煌めく花園に惑う 

我鳥 彩子  装画:笠井 あゆみ

龍の身代わり 偽りの皇帝は煌めく花園に惑う

 ここは陽(よう)夏(か)国(こく)の京師、夏(か)央(おう)。‌ さても然々(しかじか)な事情で皇帝の身代わ…

小説

ハイランドの花嫁 偽りの令嬢は荒野で愛を抱く

青空の卵

森 りん  装画:亀井 高秀

青空の卵

「おかしいわ。どうしてわたしはスコットランドの森の中で倒れているのかしら……」‌ シャーロットは木漏れ日の下、…

その他

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば

いぬじゅん  装画:mashu

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば 第二回

『この恋は、とどかない』など、せつない恋愛や、心をゆさぶる物語が人気の作家・いぬじゅんがお送りするお悩み相談室。悩める読者のみなさんのお悩みにズバッと、時にはゆるっとお答えします。

2023年11月10日 更新

その他

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば

いぬじゅん  装画:mashu

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば 第一回

『この恋は、とどかない』など、せつない恋愛や、心をゆさぶる物語が人気の作家・いぬじゅんがお送りするお悩み相談室。悩める読者のみなさんのお悩みにズバッと、時にはゆるっとお答えします。

2023年11月1日 更新

まんが試し読み

龍の身代わり

偽りの皇帝は煌めく星を恋う

身代わり皇帝と男装の麗人が、大いなる陰謀に立ち向かう!

我鳥 彩子  装画:笠井 あゆみ

龍の身代わり 偽りの皇帝は煌めく星を恋う まんが試し読み

2023年10月20日 更新

その他

君と、読みたい本がある あとがき

岩谷翔吾

君と、読みたい本がある あとがき 第三回

集英社の読書情報誌「青春と読書」で連載中の小説『君と、読みたい本がある』。岩谷翔吾による執筆後記と未公開写真をお届け!

2023年10月19日 更新

小説

宝石商リチャード氏の謎鑑定 ガラスの仮面舞踏会 番外編

きらきら星たちのパーティ

辻村 七子  装画:雪広 うたこ

きらきら星たちのパーティ

‌「みのるさま、よろしいですか。これは私とあなただけで遂行する作戦です」‌ そう言われた時、みのるは今まで…

小説

京都岡崎、月白さんとこ 番外編

秋の心

相川 真  装画:くじょう

秋の心

 秋も深まる十月の末。‌ あけ放たれた窓からするりと入り込んだそれを、青(せい)藍(らん)はそうっとつまみ上げ…

小説

僕の恋、思い出と勝負するのは分が悪すぎる

我鳥 彩子  装画:加藤 綾華

僕の恋、思い出と勝負するのは分が悪すぎる 最終回

   8 「私の家は、祖父が合あい気き道どうの道場を開いているの。私も小さい頃から護身術は仕込まれていた…

第226回 短編小説新人賞

【最終選考作品】ターミナル・ダイブ(著:青葉梟)

 田舎(いなか)に向かう電車は、乗客で一杯だ。‌ 午後六時台の電車の中は、目のやり場がなく困る。下手(へた)に顔を上げ…

新人賞

第226回 短編小説新人賞

【最終選考作品】編み拭う日々(著:岸田怜子)

 わたしがトイレに行くと、だいたい掃(そう)除(じ)中の気がする。‌「ただいま清掃中 ご協力お願いします」と書かれた立…

新人賞

第226回 短編小説新人賞

【最終選考作品】世界一サイダーが美味い夏(著:風見鈴)

 夏は透明だ。どの季節よりも透き通っている。‌ エアコンの涼しい風も透明だし、カーテンを開ければ、窓ガラスは曇ることな…

新人賞

第226回 短編小説新人賞

【入選】銀河鉄道の夜を読んで(著:藤紘)

 職員室を出た瞬間、茹(ゆ)だるような熱気に襲われる。まっさらな作文用紙をひらつかせ、伊(い)東(とう)は汗ば…