2024年1月18日 更新

その他

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば

いぬじゅん  装画:mashu

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば 第八回

『この恋は、とどかない』など、せつない恋愛や、心をゆさぶる物語が人気の作家・いぬじゅんがお送りするお悩み相談室。悩める読者のみなさんのお悩みにズバッと、時にはゆるっとお答えします。
小説

eコバルト文庫試し読み連載

亡き王女のオペラシオン

ゆきた 志旗  装画:小鳩白果

亡き王女のオペラシオン 第五回

【一幕 美しからざるこの世界・三】 ‌ マルトの家は中央市場(レ・アル)近くの小さな通りに面したアパルト…

小説

吸血鬼と逃げた悪魔

赤川 次郎  装画:ひだか なみ

吸血鬼と逃げた悪魔 第三回

逃亡者 ‌‌「アンリ……」‌「ジャンヌ! 生きてたんだね」‌「お互いに……」‌「うん。――色々聞いたよ。…

2024年1月10日 更新

まんが試し読み

冥府の花嫁 

地獄の沙汰も嫁次第

どうしてわたしが閻魔王の花嫁候補に…!?

高山 ちあき  装画:縞

冥府の花嫁 まんが試し読み

小説

卵翼の恩

『後宮茶華伝 仮初めの王妃と邪神の婚礼』発売記念 はるおかりの書き下ろし番外編

‌‌「で、用向きはなんですか? まさか長(ちょう)公(こう)主(しゅ)さまともあろうおかたが、一介の騾馬(らば)の栄転…

小説

吸血鬼と逃げた悪魔

赤川 次郎  装画:ひだか なみ

吸血鬼と逃げた悪魔 第二回

時の迷子 ‌‌ エリカは目を覚ました。‌「何かしら、今の?」‌ ベッドに起き上がって、パジャマ姿で欠伸あ…

小説

eコバルト文庫試し読み連載

亡き王女のオペラシオン

ゆきた 志旗  装画:小鳩白果

亡き王女のオペラシオン 第四回

【一幕 美しからざるこの世界・二】 ‌ それからというもの、ポン・ヌフでいちばん人気のシャンソニエの傍(…

その他

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば

いぬじゅん  装画:mashu

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば 第七回

『この恋は、とどかない』など、せつない恋愛や、心をゆさぶる物語が人気の作家・いぬじゅんがお送りするお悩み相談室。悩める読者のみなさんのお悩みにズバッと、時にはゆるっとお答えします。

2023年12月28日 更新

小説

君を怨み君を恨み君が愛を恃(たの)む

『後宮茶華伝 仮初めの王妃と邪神の婚礼』発売記念 はるおかりの書き下ろし番外編

‌‌ 敬(けい)事(じ)房(ぼう)の女官・爪(そう)香(こう)琴(きん)が皇帝付き次席宦(かん)官(がん)・独(どく)…

小説

吸血鬼と逃げた悪魔

赤川 次郎  装画:ひだか なみ

吸血鬼と逃げた悪魔 第一回

群衆 ‌ 地響きは、さしもの宮殿の建物をも揺るがすばかりだった。‌「宮殿内へ入って来ました!」‌ と、ア…

小説

eコバルト文庫試し読み連載

亡き王女のオペラシオン

ゆきた 志旗  装画:小鳩白果

亡き王女のオペラシオン 第三回

【一幕 美しからざるこの世界・一】 ‌‌ 一七九七年、共(きょう)和(わ)暦(れき)六年。かつて自由を求…

その他

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば

いぬじゅん  装画:mashu

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば 第六回

『この恋は、とどかない』など、せつない恋愛や、心をゆさぶる物語が人気の作家・いぬじゅんがお送りするお悩み相談室。悩める読者のみなさんのお悩みにズバッと、時にはゆるっとお答えします。

2023年12月20日 更新

その他

君と、読みたい本がある あとがき

岩谷翔吾

君と、読みたい本がある あとがき 第五回

集英社の読書情報誌「青春と読書」で連載中の小説『君と、読みたい本がある』。岩谷翔吾による執筆後記と未公開写真をお届け!

2023年12月19日 更新

小説

ある日のたまずさ

もののけ寺の白菊丸 番外編

瀬川 貴次  装画:大西 実生子

ある日のたまずさ

‌ 星空のもと、小高い山の緩やかな斜面に、大小の堂(どう)宇(う)が数えきれぬほど点在している。‌ 敷地ばかり…

小説

受け継がれるもの

若旦那さんの「をかし」な甘味手帖 北鎌倉ことりや茶話 番外編

小湊 悠貴  装画:moko

受け継がれるもの

‌「ふっふっふ……」‌ 今年も残り二日となった、十二月三十日。‌ 家事代行サービスの会社に所属している秋(あき…

小説

モーニングルーティン

相棒は犬 転生探偵マカロンの事件簿 番外編

愁堂 れな  装画:奈良千春

モーニングルーティン

‌ 朝五時。‌ 目覚ましなどかけずとも、毎朝『彼』は目を覚ます。‌ 俺はといえば、勢い良くカーテンが開くシャッ…

まんが試し読み

もののけ寺の白菊丸

大和の国・勿径寺。そこには物の怪が棲むという。

瀬川 貴次  装画:大西 実生子

もののけ寺の白菊丸 まんが試し読み

小説

親王画眉/夕化粧

『後宮茶華伝 仮初めの王妃と邪神の婚礼』発売記念 はるおかりの書き下ろし番外編

親王画眉 ‌‌「待って、顔を洗う前にもう一回見せて」‌ 整(せい)斗(と)王(おう)妃(ひ)付き首席女官・周(し…

その他

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば

いぬじゅん  装画:mashu

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば 第五回

『この恋は、とどかない』など、せつない恋愛や、心をゆさぶる物語が人気の作家・いぬじゅんがお送りするお悩み相談室。悩める読者のみなさんのお悩みにズバッと、時にはゆるっとお答えします。
小説

eコバルト文庫試し読み連載

亡き王女のオペラシオン

ゆきた 志旗  装画:小鳩白果

亡き王女のオペラシオン 第二回

【序幕・二】 ‌‌ 脱出できたはいいものの土地勘のない場所で不安だったが、荷馬車の列をひたすら遡(さかの…

新人賞

第227回 短編小説新人賞

【入選】プロポーズは三度目に(著:樹れん)

‌ あ、結婚したい。恋人の額に保冷剤を当てた瞬間、陽(ひ)凪(な)はそう思った。春の平日、お風呂上がりについさ…

新人賞

第227回 短編小説新人賞

【最終選考作品】幸福な孤独(著:まかろん)

‌ 夕食時、BGM代わりに流していたテレビ画面に映し出された外国の女性が、しきりに「深い山です。そこに工場がある。木材…

新人賞

第227回 短編小説新人賞

【最終選考作品】スピカ(著:岩月きさらぎ)

‌ 外れた音を叩いた人差し指からミスが広がる。心臓が嫌な音を立て、視界がみるみるうちに狭まっていく。緻(ち)密(みつ)…

新人賞

第227回 短編小説新人賞

【最終選考作品】トンネル(著:池田佑)

‌ 十二歳の夏、ぼく梶(かじ)井(い)陸(りく)は母と四つ下の妹はるとともに、東京から母の生まれ故郷の田舎(いなか…

2023年12月13日 更新

まんが試し読み

若旦那さんの「をかし」な甘味手帖

北鎌倉ことりや茶話

大丈夫。つまずいても、次の一歩を踏みだせる。

小湊 悠貴  装画:moko

若旦那さんの「をかし」な甘味手帖 北鎌倉ことりや茶話 まんが試し読み

2023年12月8日 更新

その他

君と、読みたい本がある 対談

岩谷翔吾

君と、読みたい本がある 対談 第二回

岩谷翔吾さんの『青春と読書』連載、「君と、読みたい本がある」では、物語中に登場する小説を生み出した作家と岩谷翔吾さんの対談も掲載中。 オレンジ文庫公式ホームページでは、誌面に掲載しきれなかったこぼれ話をWEBならではのボリュームでたっぷりお届けします。
小説

eコバルト文庫試し読み連載

亡き王女のオペラシオン

ゆきた 志旗  装画:小鳩白果

亡き王女のオペラシオン 第一回

【前奏曲】 ‌ どこか不気味さの漂う、異質な女だった。‌ 煌きらびやかな宮殿には似合わぬ質素な身なりの平…

小説

波間の横顔

doi

波間の横顔

 対向車の少ない海岸沿いの道路を私は軽自動車でひたすら走っていた。日差しがやけに強く、海面に反射した光の粒が視…

文庫試し読み

【コミカライズ記念試し読み】

竜の国の魔導書

森 りん  装画:庄屋

【コミカライズ記念試し読み】竜の国の魔導書 第二回

その他

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば

いぬじゅん  装画:mashu

いぬじゅんのお悩み相談室 いぬもあるけば 第四回

『この恋は、とどかない』など、せつない恋愛や、心をゆさぶる物語が人気の作家・いぬじゅんがお送りするお悩み相談室。悩める読者のみなさんのお悩みにズバッと、時にはゆるっとお答えします。
まんが試し読み

相棒は犬

転生探偵マカロンの事件簿

探偵と犬、時々ヤクザのふわもこバディミステリー!

愁堂 れな  装画:奈良千春

相棒は犬 転生探偵マカロンの事件簿 まんが試し読み

2023年12月1日 更新

小説

おもかげ

遊川 ユウ

おもかげ 後編

 私が買った帽子と眼鏡をつけた一くんは、何とか皇煌希の面影おもかげを消したものの、お忍びで出かける芸能人そのも…