食べもの

ハケン飯友僕と猫の、食べて喋って笑う日々

「もぐもぐ」して「もふもふ」な毎日……!

椹野 道流

京都伏見は水神さまのいたはるところふたりの新しい季節

じれったい恋人たちに迫る、あやかしたちの謎……!

相川 真

柊先生の小さなキッチン~雨のち晴れの林檎コンポート~

あの日の「美味しい」を、もう一度――

髙森 美由紀

つばめ館ポットラック~謎か料理をご持参ください~

おもてなしは、素敵な手料理と、魅力的な「謎(ミステリィ)」

竹岡 葉月

藤丸物産のごはん話恋する天丼

社員食堂から愛をこめて。

高山 ちあき

京都岡崎、月白さんとこ迷子の子猫と雪月花

「いろいろ」家族の京都じんわりほっこり物語……!

相川 真

ホテルクラシカル猫番館横浜山手のパン職人 4

恋人の"視察"でお兄さまご来館…!?

小湊 悠貴

祭りの夜空にテンバリ上げて

お祭は中止、イベントは見送り…このコロナ禍で私がテキヤに!?

一原 みう

柊先生の小さなキッチン

「おまちどうさま、あなたのご飯できました」

髙森 美由紀

京都伏見は水神さまのいたはるところ綺羅星の恋心と旅立ちの春

別れの季節…惹かれ会う二人の選択は…!?

相川 真

谷中びんづめカフェ竹善 4片恋気分の林檎フェス

あなたにとって最高の居場所でありますように。

竹岡 葉月

君を忘れる朝がくる。五人の宿泊客と無愛想な支配人

忘れたい思い出は、ありますか?

山口 幸三郎

ホテルクラシカル猫番館横浜山手のパン職人 3

彼女はこのホテルに必要な人間だと思います。

小湊 悠貴

京都岡崎、月白さんとこ人嫌いの絵師とふたりぼっちの姉妹

わたしたち、今日から家族です。

相川 真

ゆきうさぎのお品書きあらたな季節の店開き

『俺は碧と家族になりたい』

小湊 悠貴

谷中びんづめカフェ竹善 3降っても晴れても梅仕事

はじめての恋は青梅のようにさわやかで、切ない。

竹岡 葉月

京都伏見は水神さまのいたはるところ花舞う離宮と風薫る青葉

ずっと一緒にいたい…ただそれだけなのに…!

相川 真

カフェ古街のウソつきな魔法使いなくした物語の続き、はじめます

恋とウソに効くお茶、あります――。

新樫 樹

星名くんは甘くない~いちごサンドは初恋の味~

「くれぐれも、うちは恋愛禁止だから」

夜野 せせり

2020年1月_京都伏見は水神さまのいたはるところ

京都伏見は水神さまのいたはるところゆれる想いに桃源郷の月は満ちて

満月輝く夜、恋心も遂に目覚めて…?

相川 真

2020年1月_ゆきうさぎのお品書き

ゆきうさぎのお品書き風花舞う日にみぞれ鍋

おいしい料理と人がつなぐ心温まる物語、佳境へ…!

小湊 悠貴

2019年12月_あやかしに迷惑してますが、一緒に占いカフェやってます

あやかしに迷惑してますが、一緒に占いカフェやってます

青春のレモネード、雪解けの甘酒…各種ご用意しております!

瀬王 みかる

201912_谷中びんづめカフェ竹善 2

谷中びんづめカフェ竹善 2春と桜のエトセトラ

食材も愛も、ひと手間かければおいしく変身。

竹岡 葉月

2019年12月ホテルクラシカル猫番館2

ホテルクラシカル猫番館横浜山手のパン職人 2

噛みしめるのはパンのおいしさだけじゃない。

小湊 悠貴

君が今夜もごはんを食べますように

いっしょに「いただきます」をしよう。

山本 瑤

ハケン飯友僕と猫のごはん歳時記

君さえいれば、毎日がごちそう日和

椹野 道流

契約結婚はじめました。 5~椿屋敷の偽夫婦~

ついに完結! 秋の椿屋敷、仲良し偽夫婦の出した答えは?

白川 紺子

2019年9月刊京都伏見は水神さまのいたはるところ3

京都伏見は水神さまのいたはるところ雨月の猫と夜明けの花蓮

京都を彩る花鳥猫。水にまつわるあやかし事鎮め、じんわり優しい3つの物語――!

相川 真

201906月刊ゆきうさぎのお品書き白雪姫の焼きりんご

ゆきうさぎのお品書き白雪姫の焼きりんご

順風満帆の日々に、珍しいお客様が…??

小湊 悠貴

201906月刊時をかける眼鏡8

時をかける眼鏡魔術師の金言と眼鏡の決意

「お前は、この世界に存在を許されし者だ。今はな」

椹野 道流