オレンジ文庫

毎月20日ごろ発売

店主オレンジのつぶやき MenuClose

11

新刊情報

宝石商リチャード氏の謎鑑定

宝石商リチャード氏の謎鑑定天使のアクアマリン

辻村 七子

美貌の敏腕宝石商・リチャードの店「エトランジェ」でバイト中の大学生・正義。店には様々な人間が訪れる。結婚三十周年記念の指輪のための宝石を探す夫婦、恋人と連絡の取れなくなった女子大学生。そして、とあるオークションへの代理出席を依頼する者も。オークション会場には、リチャードの過去を知る男がいた。正義とリチャード、それぞれの想いはすれ違い――!?

Fが鳴るまで待って

Fが鳴るまで待って天才チェリストは解けない謎を奏でる

我鳥 彩子

森百(もりもも)は、トリモモみたいな語感の名前に少々思うところのある女子高校生。町の顔役である曾祖母からの頼みで、国際的チェリストの青年・玲央名(れおな)からチェロを習うことに。玲央名は、あるチェロを弾き、ある音が出ると、《狼》と名付けられた人格に憑依されてしまうらしい。そして《狼》は、特殊な能力を持っていて!? 偏屈チェリストと女子高校生の町内謎解き事件簿!

ブラック企業に勤めております。

ブラック企業に勤めております。

要 はる

イラストレーターになる夢を叶えるため、家出同然で東京へ出てきた夏実。けれど、イラストの仕事だけでは食べていけなかった。夢破れ、親に内緒で地元へ戻ってくる。ともかく、生きるためには働かねばならない。夏実は面接18社目にしてようやく、タウン誌を発行する会社の事務員として採用される。だが、そこは個性的すぎる面々が集う、超絶ブラック企業で!?

僕たちは同じひとつの夢を見る

僕たちは同じひとつの夢を見る

縞田 理理

この世界とは違う次元にある、別の世界。北関東にあるだいば市は、そうした世界との壁が薄くなりやすい特異点だ。だいば市には、異世界からの来訪者が生活していたりもする。提波大学に通う遠流は、昔から幻を視てしまう体質に悩んでいたが、それが異次元世界を視ていたことを知り、異次元世界人との共生を推進する機関でアルバイトをすることになるが……?