拡大

書籍

お腹も心も、満たされますように。

藤丸物産のごはん話 2

麗しのロコモコ

  • 620円+税
  • 2022年6月17日発売

九月に入り、食堂のメニューは少し変わった。

藤丸物産の社員食堂で働く杏子は、親切にしてくれた社員・通称『藤の君』を捜しつつ、仕事に勤しむ毎日だ。しかし、社員食堂に届いたクレームがきっかけでパートとの関係がぎくしゃくしたり、自分をこき使う年下の調理師・渚が『藤の君』かもしれない可能性が出てきたり、なにかと悩ましいことばかり。新メニュー開発の忙しさもあり、ストレスを溜める杏子だが…?

シリーズ既刊情報

藤丸物産のごはん話シリーズ

藤丸物産の社員食堂で働く杏子は、二か月前に会った社員を探している。エレベーター前でぶつかった時に優しくしてくれたのだ。ただ、コンタクトが外れたせいで顔はわからず、手がかりは、目に飛び込んだ社員証で唯一認識できた「藤」の文字のみ。だが、社食の利用者は多いのに彼はなかなか見つからない。おまけに、ひとつ年下の調理師・渚にこき使われる毎日で…?

著者プロフィール

高山 ちあき(たかやま ちあき)

12月25日生まれ。B型。2009年ノベル大賞読者大賞を受賞。主な作品に「橘屋本店閻魔帳」シリーズ(コバルト文庫)、「異世界温泉郷」シリーズ、「藤丸物産のごはん話」シリーズ、「冥府の花嫁」シリーズ(集英社オレンジ文庫)など。

この作品をシェアする

高山 ちあき