201906月刊ゆきうさぎのお品書き白雪姫の焼きりんご

ゆきうさぎのお品書き白雪姫の焼きりんご

順風満帆の日々に、珍しいお客様が…??

小湊 悠貴

201905月刊猫番館

ホテルクラシカル猫番館横浜山手のパン職人

横浜・山手の洋館ホテルで、おいしく幸せなひと時を

小湊 悠貴

201905月刊谷中びんづめカフェ竹善 猫とジャムとあなたの話

谷中びんづめカフェ竹善猫とジャムとあなたの話

“猫の町”谷中で、野菜も愛もおいしく保存。

竹岡 葉月

201904月刊つつじ和菓子や本舗のもろもろ

鍵屋の隣の和菓子屋さんつつじ和菓子本舗のもろもろ

恋する男子の和菓子な日々。

梨沙

201901月刊ハケン飯

ハケン飯友僕と猫のおうちごはん

神さまが派遣してくれた「飯友」の正体は…⁉︎

椹野 道流

201812月刊うばたまの 墨色江戸画帖

うばたまの墨色江戸画帖

才能に溺れた絵師が再起をかける、大江戸人情譚!

佐倉 ユミ

201812月刊猫まみれの日々

猫まみれの日々猫小説アンソロジー

人生猫あればラクなり!?

前田 珠子毛利 志生子かたやま 和華水島 忍秋杜 フユ

201811ゆきうさぎのお品書き

ゆきうさぎのお品書き母と娘のちらし寿司

人生は悲喜こもごも。まずはご飯を召し上がれ。

小湊 悠貴

201809つつじ和菓子本舗のこいこい

鍵屋の隣の和菓子屋さんつつじ和菓子本舗のこいこい

恋する男子の和菓子な日々。

梨沙

201806ゆきうさぎのお品書き6

ゆきうさぎのお品書きあじさい揚げと金平糖

いつも平和な店に降りかかる、突然の危機…!!

小湊 悠貴

201805下鴨アンティーク

下鴨アンティークアリスの宝箱

心の奥の箱――それは、ささやかな秘密を集めた宝箱。

白川 紺子

201804魔女の魔法雑貨店 黒猫屋

魔女の魔法雑貨店 黒猫屋猫(ぼく)が導く迷い客の一週間

鈴の音が聞こえたら店内へどうぞ――

せひら あやみ

201804つつじ和菓子本舗のつれづれ

鍵屋の隣の和菓子屋さんつつじ和菓子本舗のつれづれ

いつかは、好きになるかもしれない。

梨沙

201802マグナ・キヴィタス

マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年

「せめて血の色くらいは赤が良かったな」

辻村 七子

ゆきうさぎのお品書き201712

ゆきうさぎのお品書き祝い膳には天ぷらを

「美味しい」と笑う、あなたのその笑顔が見たいから。

小湊 悠貴

猫だまりの日々201712

猫だまりの日々猫小説アンソロジー

人生は、悲喜もふもふ。

谷 瑞恵椹野 道流真堂 樹梨沙一穂 ミチ

下鴨アンティーク201712

下鴨アンティーク白鳥と紫式部

アンティーク・ミステリー、ついにクライマックス!

白川 紺子

ポップコーン・ラバーズ

ポップコーン・ラバーズあの日出会った君と僕の四季

どこにもいない彼女は、あの時、たしかに僕のそばにいた。

野村 行央

家出青年、猫ホストになる

家出青年、猫ホストになる

猫と人間が入れ替わり!? まったりほろりの日常譚

水島 忍

ゆきうさぎのお品書き 8月花火と氷いちご

ゆきうさぎのお品書き8月花火と氷いちご

本日、裏メニューもありますよ!

小湊 悠貴

鍵屋甘味処改4

鍵屋甘味処改4夏色子猫と和菓子乙女

その鍵を開けられるのは、ただひとりだけ。

梨沙

ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒

ゆきうさぎのお品書き熱々おでんと雪見酒

あの日の“おいしい”を、今日のあなたと。

小湊 悠貴

ゆきうさぎのお品書き 親子のための鯛茶漬け

ゆきうさぎのお品書き親子のための鯛茶漬け

大事な人の、おいしい顔は、うれしい。

小湊 悠貴

鍵屋甘味処改5 野良猫少女の卒業

鍵屋甘味処改5野良猫少女の卒業

開かない鍵をめぐる日常ドラマ、完結!

梨沙

夜ふかし喫茶 どろぼう猫

夜ふかし喫茶 どろぼう猫

眠れない夜って、なにしてる?

彩本 和希

鍵屋甘味処改3

鍵屋甘味処改3子猫の恋わずらい

"鍵"を開ける"カギ"は、誰かを想う気持ち。

梨沙

ゆきうさぎのお品書き1

ゆきうさぎのお品書き6時20分の肉じゃが

あなたの食欲をそそる一品、ここにあります。

小湊 悠貴

書店男子と猫店主の平穏なる余暇

書店男子と猫店主の平穏なる余暇

誰にでも"自分だけの物語"がある??。

ひずき 優

スミカスミレ

小説 スミカスミレ

本当は還暦の女子高生、すみれの恋の行方は!?

香月 せりか

原作・高梨 みつば

ある朝目覚めたらぼくは〜千の知恵・万の理解〜

今度はぼくが、奇跡を起こす番なんだ。

要 はる

ユーレイギフト

ユーレイギフト二度目のさよなら、包みます

もう会えない、あなたへ――

はるおかりの

書店男子と猫店主の長閑なる午後

書店男子と猫店主の長閑なる午後

あなたの記憶、お返しします――。

ひずき 優