書店男子と猫店主の長閑なる午後

あなたの記憶、お返しします。
この書店での出来事は、小説より奇なり。
駆け出し絵本作家・賢人は横浜・元町の古い洋館を改装した「ママレード書店」でバイト中。橙色の蝶ネクタイがトレードマークの猫・ミカンが店主だ。アルバイトを始めておよそ半年、賢人は店で白昼夢を見るようになる。どうやら原因はミカンらしくて…!?
(著者:ひずき 優)

書店男子と猫店主の平穏なる余暇

書店男子と猫店主の平穏なる余暇

誰にでも"自分だけの物語"がある??。

ひずき 優

書店男子と猫店主の長閑なる午後

書店男子と猫店主の長閑なる午後

あなたの記憶、お返しします――。

ひずき 優