倫敦千夜一夜物語

古今の名作が鍵を握る、ヴィクトリアン・ミステリー。
19世紀末の英国。兄のアルフレッドとともに貸本屋《千夜一夜》を営むサラ。ふたりは、ある事情から侯爵家の生まれという身分を隠して暮らしている。とっておきの一冊を求めて、今日もたくさんのお客がやってくるが……?
(著者:久賀理世)

倫敦千夜一夜物語1

倫敦千夜一夜物語ふたりの城の夢のまた夢

謎解きの鍵は、名作文学。

久賀 理世

倫敦千夜一夜物語1

倫敦千夜一夜物語あなたの一冊、お貸しします。

お貸しするのは、本の世界を自由に旅する時間。

久賀 理世