ある朝目覚めたらぼくは

職人たちが織りなすコージー・ミステリー。
天涯孤独な少年が出会う、ひとりぼっちじゃない日常。
芸術家や職人がさまざまな店を出す集落“エデン”の中にある、亡き祖父が遺してくれた雑貨店「エトワール」へ越してきた遼。開店準備の合間に、いつからか持っていたオルゴールの機械人形を店に飾ると、人形の持ち主だという少女・きらが現れて…?
(著者:要 はる)

ある朝目覚めたらぼくは〜千の知恵・万の理解〜

今度はぼくが、奇跡を起こす番なんだ。

要 はる

ある朝目覚めたらぼくは

ある朝目覚めたらぼくは機械人形(オートマタ)の秘密

ひとりぼっちの少年が出会う、ひとりぼっちじゃない日常。

要 はる