拡大

斎庭の毎日は、いつもせわしなく、愛おしい。

神招きの庭 6

庭のつねづね

  • 640円+税
  • 2022年6月17日発売

「まったく腹が立つのよ」

大君が育てる柚子の木に蟲がわいた。木を荒らされて心を痛める大君を見かねて神を招くことにした綾芽たち。一方二藍は戦の行方を占う難しい祭祀を行うことになり……。(蝶の拾遺)地方に暮らす綾芽と那緒は、いつか斎庭にあがり国のために働くことを夢みていたが……。(絆のひかり)国を守る使命を負う斎庭の、つかの間の平和なひとときをつづった番外編。

著者プロフィール

奥乃 桜子

おくの さくらこ

群馬県出身、富山県在住。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、「あやしバイオリン工房へようこそ」で2017年ノベル大賞佳作受賞、同作で文庫デビュー。おもな著作に『上毛化学工業メロン課』『それってパクリじゃないですか?』(集英社オレンジ文庫)『身代わり姫と呪われし賢者』(コバルト文庫)など。

関連書籍

神招きの庭 2五色の矢は嵐つらぬく

あなたのために、運命さえ変えてみせる。

奥乃 桜子

神招きの庭 4断ち切るは厄災の糸

あなたの望みは私が果たす。

奥乃 桜子

あやしバイオリン工房へようこそ

あやしバイオリン工房へようこそ

心震わす優しい音楽を、あなたに。

奥乃 桜子

201810上毛化学工業メロン課

上毛化学工業メロン課

リストラ回避の鍵はメロン!? 理系女子のお仕事小説!

奥乃 桜子

同じジャンルの本

奥乃 桜子