拡大

“神女”を求め、思惑が交錯する。

威風堂々惡女 8

  • 620円+税
  • 2021年11月19日発売

「――ねぇ! 見て、あそこ! 人が倒れてる!」

雪媛を背負い逃亡する青嘉は、雪の中で力尽き倒れてしまう。目を覚ますと、瑞燕国の北の国境を悩ませる遊牧民の集落に捕らえられていた。隻眼の左賢王(皇太子)シディヴァに正体を質された青嘉は、自らと雪媛を商人夫婦だと偽るが…。北の大地で囚われた青嘉と雪媛は、そこで意外な人物と再会することに。ふたりに訪れるのは、束の間の休息の時間か。それとも…?

著者プロフィール

白洲 梓

しらす あずさ

宮城県出身、東京都在住。B型。『最後の王妃』で2015年ノベル大賞受賞。受賞作以外に『暁の王女』『煌翼の姫君』(ともにコバルト文庫)、『九十九館で真夜中のお茶会を』『威風堂々惡女』シリーズ(集英社オレンジ文庫)がある。

関連書籍

2020年1月_威風堂々悪女3

威風堂々惡女 3

国が、民が、雪媛に惑わされていく…!

白洲 梓

201810威風堂々惡女

威風堂々惡女

偉大な為政者か、それとも無慈悲な復讐者か――。

白洲 梓

201803_九十九館で

九十九館で真夜中のお茶会を屋根裏の訪問者

「おやすみ、つぐみ。――また、夜に」

白洲 梓

威風堂々惡女 7

孤高の歴史改変中華転生物語、緊迫の第7弾!

白洲 梓

同じジャンルの本

白洲 梓