拡大

薬師の少女には、自身も知らない秘密があった。

星辰の裔

  • 640円+税
  • 2020年11月20日発売

ぴぃひゃらぴぃひゃら、笛の音に、とんててとん、と太鼓の音。

男神と女神によって作られたという神話のある、広大な十津島。薬師だった父の志を継ぎ、自身も薬師となった少女アサは、女の身では危険も多く侮られるため、いつもは男装していた。アサは父の遺言に従い、島の北側にある、先進知識が集まるという町を目指して旅をしていた。ところが旅の途中、大陸からの侵略者である馬賊に捕らえられ、奴婢とされてしまい……?

著者プロフィール

喜咲 冬子

きさき とうこ

函館生まれ、札幌在住。第3回富士見ラノベ文芸大賞審査員特別賞受賞。2019年ノベル大賞佳作受賞。著書に『流転の貴妃 或いは塞外の女王』(集英社オレンジ文庫)、富士見L文庫『黎明国花伝』『華仙公主夜話』『御苑筆姫物語』などがある。

関連書籍

2020年1月_流転の貴妃

流転の貴妃或いは塞外の女王

妃三千の媚、一妻の笑みにしかず。

喜咲 冬子

同じジャンルの本

喜咲 冬子