拡大

書籍

一途に終也だけの機織さんであろうとする真緒の、出生の真実とは……!?

十番様の縁結び 2

神在花嫁綺譚

  • 630円+税
  • 2022年8月19日発売

椿の花が、冬の空から零れるように、ぽたり、ぽたり、落ちていた。

≪神迎(かみむかえ)≫のため帝都に向かう終也と共に、真緒は初めての遠出をすることになった。帝都行の鉄道の中、真緒はひどく懐かしいような不思議な夢を見て——!? 「お前の目は特別だから、きっと冬の天の川も見えるだろう」「ともに還ろう、——」隻眼の青年との出会いから明かされる真緒、出生の真実とは……! それでも旦那様の隣に……和風花嫁ファンタジー、待望の第二巻!

シリーズ既刊情報

十番様の縁結びシリーズ

幽閉され、一途に機織をして生きてきた少女がある時、縁を結び縁を切る神=十番様を所有する神在の一族、十織家の当主・終也に見初められ、真緒の名をもらい、運命は動き出す。「迎えに来ました――僕と結婚してくださいますか?」虐げられ続けた日々から救い出された真緒は、十織家でも機織の才を生かし過ごすうちに、彼の背負ったある秘密を知ることとなり……?

著者プロフィール

東堂 燦(とうどう さん)

1月21日生まれ。新潟県出身。2013年度ノベル大賞で『薔薇に雨』が佳作受賞、コバルト文庫にてデビュー。機織の少女を主人公にした『十番様の縁結び』シリーズが人気。『百番様の花嫁御寮』は同じ世界観を舞台としている。

この作品をシェアする

東堂 燦