拡大

特別な妃が誘う圧倒的中華幻想譚、ここに完結!

後宮の烏 7

  • 600円+税
  • 2022年4月21日発売

寿雪が高峻のもとにやってきたとき、海底火山の噴火を知らせる急使はまだ到着してはいなかった。

幽宮と楽宮の神の境界である界島へと渡ろうとする寿雪だったが、海底火山の噴火で海路は鎖されていた。噴火の原因が、鼇の神が楽宮の海神を怒らせたことだとすれば、鼇の神を倒すことで怒りは静まる。しかし倒すには烏の半身を取り戻さなければならず、その半身は界島にある。堂々巡りだった。一方、界島を歩く白雷の手には、烏の半身である黒刀が握られていて…?

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』『後宮の烏』シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

下鴨アンティーク 暁の恋

下鴨アンティーク暁の恋

気持ちを告白して以来、関係がギクシャクしはじめた鹿乃と慧だったが……?

白川 紺子

契約結婚2

契約結婚はじめました。2~椿屋敷の偽夫婦~

築六十余年の古屋敷が語る、ふんわりご近所事件簿

白川 紺子

201806契約結婚はじめました。3

契約結婚はじめました。3~椿屋敷の偽夫婦~

椿屋敷、まさかの三角関係、勃発か……?

白川 紺子

201812月刊後宮の烏

後宮の烏(からす) 2

シリーズ累計15万部突破! 烏妃がおそれる“梟”とは--?

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子