拡大

「人間はどのくらい、大切な人間に寄り添えると思う?」

忘れじのK

半吸血鬼は闇を食む

  • 620円+税
  • 2020年12月18日発売

夜の闇を切り裂いて、男が一人、跳んでいた。

友人のパオロが倒れたという知らせに、ガブリエーレは故郷フィレンツェに戻った。幼い頃から正体不明の「黒いもや」が見えたガブリエーレには、パオロだけが同じものが見える仲間だったのだ。そして彼が倒れた原因に心当たりがあった。彼が秘密にしていた、ヴァンパイアやダンピールという闇の世界にかかわる仕事だ。フィレンツェに住む日本人が事情を知るらしく?

著者プロフィール

辻村 七子

つじむら ななこ

9月24日生まれ。神奈川県出身。『時泥棒と椿姫の夢』で2014年度ロマン大賞受賞。受賞作を改題・加筆改稿した『螺旋時空のラビリンス』で文庫デビュー。

関連書籍

201801宝石商リチャード氏

宝石商リチャード氏の謎鑑定転生のタンザナイト

逃げられない闇が、正義を蝕む…! ジュエルミステリー、第一部完!!

辻村 七子

螺旋時空のラビリンス

螺旋時空のラビリンス

時を永遠に彷徨っても、君を二度と死なせない。

辻村 七子

201908月刊リチャード氏の謎鑑定

宝石商リチャード氏の謎鑑定邂逅の珊瑚(サーンウー)

スリランカ、日本、香港。そして――

辻村 七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 祝福のペリドット

宝石商リチャード氏の謎鑑定祝福のペリドット

「もっとうぬぼれていなさい、中田正義」

辻村 七子

同じジャンルの本

辻村 七子