拡大

書籍

事態はさらに酷く、正しく、美しく――!?

冥府の花嫁 2

地獄の沙汰も嫁次第

  • 650円+税
  • 2024年1月18日発売

平等州の北部は雪深い土地だった。

冥途十州において、脆弱ゆえ差別されるツノナシながら異能を持つ翠。翠は閻魔王・天鴦と出会い、彼の花嫁候補という名目で王宮の下女として働きつつ、消息不明の弟・瑞月を捜していた。そんな中、冥府を害する目的の爆破事件に巻き込まれた際、翠が使った廻帰の力を巡り不穏な動きが!? そして、翠はついに瑞月と再会を果たすも、彼の様子はどこかおかしく…?

シリーズ既刊情報

冥府の花嫁シリーズ

獄訓は『酷く、正しく、美しく』——!? 地獄の花嫁事変! 冥途十州において、角や霊力を持たずに差別されるツノナシ。ツノナシながら異能を持つ翠は、ある日、奉公先の鬼に折檻されていたところを、閻魔庁の冥官・天鴦に助けられる。音信不通な弟を捜すため、彼に同行を願い出るも断られ、代わりに『閻魔庁入庁許可証』を渡される。それは閻魔王の花嫁候補に渡される特別な札で…!?

著者プロフィール

高山 ちあき(たかやま ちあき)

12月25日生まれ。B型。2009年ノベル大賞読者大賞を受賞。主な作品に「橘屋本店閻魔帳」シリーズ(コバルト文庫)、「異世界温泉郷」シリーズ、「藤丸物産のごはん話」シリーズ、「冥府の花嫁」シリーズ(集英社オレンジ文庫)など。

この作品をシェアする

高山 ちあき