拡大

「お前は、この世界に存在を許されし者だ。今はな」

時をかける眼鏡

魔術師の金言と眼鏡の決意

  • 550円+税
  • 2019年6月21日発売

鷹匠小屋の前の地面に平たい大きな木桶を持ち出し、すぐ傍にある井戸から、たっぷりと清潔な水を汲みいれる。

嵐はマーキス島の農作物や建築物、人々に大きな爪痕を残していった。復興に必要な労働力確保のため、ロデリック王は遊馬の進言を受け入れ、囚人たちの更正に取り組む決意をする。また、復興にかかる資金調達のため、遊馬はマーキス島のある「資源」を有効に使うべきと提案してロデリック王やクリストファーを驚かせるのだが・・・⁉︎ 法医学者が描くタイムスリップ法医学ミステリー第8弾!

著者プロフィール

椹野 道流

ふしの みちる

2月25日生まれ。四緑木星・魚座のO型。兵庫県在住。元監察医。「奇談シリーズ」「鬼籍通覧シリーズ」(講談社)ほか、「メス花シリーズ」(二見書房)、「ローウェル骨董店の事件簿シリーズ」、「最後の晩ごはんシリーズ」(KADOKAWA)など著作多数。

関連書籍

時をかける眼鏡眼鏡の帰還と姫王子の結婚

少なくとも今は、ここが僕のいるべき場所なんだ。

椹野 道流

201801時をかける眼鏡

時をかける眼鏡王の決意と家臣の初恋

大国フランク王国の大使殺害事件に医学生が挑む!

椹野 道流

時をかける眼鏡 華燭の典と妖精の涙

時をかける眼鏡華燭の典と妖精の涙

学生遊馬が、幻の宝物を求めた先で見たものは…。

椹野 道流

201901月刊ハケン飯

ハケン飯友僕と猫のおうちごはん

神さまが派遣してくれた「飯友」の正体は…⁉︎

椹野 道流

同じジャンルの本

椹野 道流