拡大

偉大な為政者か、それとも無慈悲な復讐者か――。

威風堂々惡女

  • 610円+税
  • 2018年10月19日発売

昔々、ある国の王様は、まったく仕事をしないで毎日遊んで暮らしていました。

瑞燕国で最下層とされる尹族の少女・玉瑛は、皇帝の「尹族国外追放」の勅命により、下女として働いていた貴族の屋敷を追われた。山中を彷徨う玉瑛は追いついた騎兵に斬られ、尹族差別の元凶となった皇帝の側室・柳雪媛への恨みを胸に意識を失ってしまう。意識を取り戻したとき目に入ったのは、見知らぬ女。高価な調度品。そして女が玉瑛に呼びかけた。「雪媛様」と。

著者プロフィール

白洲 梓

しらす あずさ

宮城県出身、東京都在住。B型。『最後の王妃』で2015年ノベル大賞受賞。受賞作以外に『暁の王女』『煌翼の姫君』(ともにコバルト文庫)、『九十九館で真夜中のお茶会を』(集英社オレンジ文庫)がある。

関連書籍

201803_九十九館で

九十九館で真夜中のお茶会を屋根裏の訪問者

「おやすみ、つぐみ。――また、夜に」

白洲 梓

同じジャンルの本

白洲 梓