拡大

「せめて血の色くらいは赤が良かったな」

マグナ・キヴィタス 人形博士と機械少年

  • 590円+税
  • 2018年2月20日発売

プラットフォームの端で、青年が女主人を見送っていた。

ノースポール合衆国自治州『キヴィタス』は、5億6千万の人口を収容する人工都市だ。アンドロイド管理局に勤める若きエリート、エルガー・オルトンは、帰り道で登録情報のない“野良アンドロイド”の少年を拾う。ワンと名乗った少年型アンドロイドとエルは不思議な共生生活を始めるが、ワンは記憶を失っていた。彼の過去を探るうち、エルは都市の闇に触れてしまい?

著者プロフィール

辻村 七子

つじむら ななこ

9月24日生まれ。神奈川県出身。『時泥棒と椿姫の夢』で2014年度ロマン大賞受賞。受賞作を改題・加筆改稿した『螺旋時空のラビリンス』で文庫デビュー。

関連書籍

【単行本】宝石商リチャード氏の謎鑑定公式ファンブック エトランジェの宝石箱

ファン待望、公式ファンブック刊行!

辻村 七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定久遠の琥珀

「俺は宝石商にはなれないと思います」

辻村 七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定輝きのかけら

あの頃の話と、あれからの話。

辻村 七子

忘れじのK半吸血鬼は闇を食む

「人間はどのくらい、大切な人間に寄り添えると思う?」

辻村 七子

同じジャンルの本

辻村 七子