拡大

まばゆいほどにきらめいていた、あの夏。

夏は終わらない

雲は湧き、光あふれて

  • 540円+税
  • 2017年07月20日発売

目がかすむ。
荒々しく脈打つ心臓と、自分の呼吸がうるさい。おかげでそれ以外の音が聞こえない。

弱小野球部の三ツ木高校は、エース月谷と主将笛吹のもとで確実に実力をつけていった。急成長を遂げるチームの中、捕手の鈴江は月谷の投球に追いつけず苦しむ。一方、ライバル東明学園の木暮も、思わぬ乱調でエースナンバーを剥奪される危機に。それぞれが悩みと熱い想いを胸に秘め、最後の甲子園へ向けて走り出す!! 感動の高校野球小説、クライマックス!

著者プロフィール

須賀 しのぶ

すが しのぶ

上智大学文学部史学科卒業。『惑星童話』で1994年上期ノベル大賞受賞。『芙蓉千里』で第12回センス・オブ・ジェンダー賞受賞。主な著作に『流血女神伝』(集英社)、『ゲームセットにはまだ早い』(幻冬舎)、『紺碧の果てを見よ』『神の棘』(新潮社)、『革命前夜』(文藝春秋)などがある。

関連書籍

エースナンバー

エースナンバー雲は湧き、光あふれて

勝ち残りたい。一日でも、長く。

須賀 しのぶ

雲は湧き、光あふれて

雲は湧き、光あふれて

甲子園を目指す者すべてに贈る、青春賛歌。

須賀 しのぶ

同じジャンルの本

須賀 しのぶ