拡大

初夏の京都を、着物でお散歩しましょ。

下鴨アンティーク

回転木馬とレモンパイ

  • 570円+税
  • 2015年6月25日発売

その日、遅まきの春の女神が、鹿乃のもとに、お姫さまみたいな少女をつれてきた。

京都、下鴨。高校年の鹿乃は、ぐうたらな兄と、近くの大学で准教授をしている下宿人の慧と三人暮らし。亡き祖母からアンティーク着物を譲り受け、同時に蔵にある“いわくつき”の着物の管理も引き継いだ。着物が持つ謎と秘密とは…?

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』『後宮の烏』シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

契約結婚はじめました。 5~椿屋敷の偽夫婦~

ついに完結! 秋の椿屋敷、仲良し偽夫婦の出した答えは?

白川 紺子

契約結婚2

契約結婚はじめました。2~椿屋敷の偽夫婦~

築六十余年の古屋敷が語る、ふんわりご近所事件簿

白川 紺子

201908月刊後宮の烏3

後宮の烏 3

真の“救い”は光であり、葛藤……歴史が再び動き出す――

白川 紺子

下鴨アンティーク201712

下鴨アンティーク白鳥と紫式部

アンティーク・ミステリー、ついにクライマックス!

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子