拡大

Web限定

あなたが読みたい物語はどれ――!?

東堂 燦 × 新作ヒロイン投票企画

シリーズ累計10万部突破の『十番様の縁結び 神在花嫁綺譚』(東堂燦 挿画/白谷ゆう)。
2024年に、同一の世界観で新作立ち上げが決定!
1月末まで三つの短編を公開中です。新シリーズとしてあなたが読みたいのは、どのヒロインの物語!?

シリーズ既刊情報

十番様の縁結びシリーズ

幽閉され、一途に機織をして生きてきた少女がある時、縁を結び縁を切る神=十番様を所有する神在の一族、十織家の当主・終也に見初められ、真緒の名をもらい、運命は動き出す。「迎えに来ました――僕と結婚してくださいますか?」虐げられ続けた日々から救い出された真緒は、十織家でも機織の才を生かし過ごすうちに、彼の背負ったある秘密を知ることとなり……?

著者プロフィール

東堂 燦(とうどう さん)

1月21日生まれ。新潟県出身、在住。『薔薇に雨』で、2013年度ノベル大賞佳作受賞。コバルト文庫に『薔薇に雨 孤高の王子に捧げる初恋』、『魔女の赤い太陽 樹海の娘と月狩りの騎士』『湖城の魔王と界界の少女 睡蓮の花嫁』、集英社オレンジ文庫に『ガーデン・オブ・フェアリーテイル 造園家と緑を枯らす少女』『サヨナラまでの30分 side:颯太』がある。

この作品をシェアする

東堂 燦