拡大

定食屋を舞台に織りなす、ちょっと不思議なごはん物語

音無橋、たもと屋の純情

旅立つ人への天津飯

  • 640円+税
  • 2022年8月19日発売

閉まっていたシャッターが、音をたてて上がっていった。

会社になじめず鬱屈した毎日を送る凜々が野良猫と雨宿りをした「たもと屋」。そこは心残りのある死者が立ち寄る定食屋だった。身も心も疲れ果て死者と勘違いされた凜々は、勧められるまま食事を注文するのだが…。懐かしい味に心もお腹も満たされた死者たちはやがて旅立つ。凜々もまた、仏頂面でも面倒見のいい店主のごはんを食べるうちに、元気を取り戻していく——。

著者プロフィール

竹岡 葉月

たけおか はづき

1999年度ノベル大賞佳作受賞を経てコバルト文庫よりデビュー。以降、少女小説、ライトノベル、漫画原作など多方面で活躍する。『谷中びんづめカフェ竹善』『つばめ館ポットラック~謎か料理をご持参ください~』(集英社オレンジ文庫)、『東方ウィッチクラフト』(コバルト文庫)『おいしいベランダ。』(KADOKAWA)ほか、著書多数。

関連書籍

放課後、君はさくらのなかで

放課後、君はさくらのなかで

あの夏、私たちの犯したあやまち。

竹岡 葉月

谷中びんづめカフェ竹善 3降っても晴れても梅仕事

はじめての恋は青梅のようにさわやかで、切ない。

竹岡 葉月

谷中びんづめカフェ竹善 4片恋気分の林檎フェス

あなたにとって最高の居場所でありますように。

竹岡 葉月

201905月刊谷中びんづめカフェ竹善 猫とジャムとあなたの話

谷中びんづめカフェ竹善猫とジャムとあなたの話

“猫の町”谷中で、野菜も愛もおいしく保存。

竹岡 葉月

同じジャンルの本

竹岡 葉月