拡大

仲良し吸血鬼父娘の行くところ、事件あり!

吸血鬼と猛獣使い

  • 590円+税
  • 2022年7月20日発売

ドドド……。地鳴りのような響きに、いつもは眠りの深いエリカも目を覚まして、「何の音?」と、思わず口に出していた。

町を渡り歩くサーカス団から、ライオンが脱走した!? ひとたび騒ぎになれば、大事なライオンが射殺されてしまう。団員たちは秘密裏に捜索を始めるが……。一方、ぐっすり眠っていたエリカを一本の電話が叩き起こした。相手は「あんたのせいで娘が家出したから捜せ」と怒鳴りつけ!? 表題作ほか2編を収録。吸血鬼はお年ごろシリーズ、待望の最新作!

著者プロフィール

赤川 次郎

あかがわ じろう

1948年福岡県生まれ。魚座。A型。1976年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。「吸血鬼はお年ごろ」シリーズほか、著書多数。2006年第9回日本ミステリー文学大賞を受賞。2016年、吉川英治文学賞受賞。趣味は映画、クラシック音楽鑑賞。

関連書籍

天使と歌う吸血鬼

天使と歌う吸血鬼

天使の歌声を巡り、事件が……!?

赤川 次郎

吸血鬼と呪いの森

吸血鬼はお年ごろ最新作!

赤川 次郎

201907月刊吸血鬼に鐘は鳴る

吸血鬼に鐘は鳴る

ドイツの田舎町で出会った日本人修道女の正体は……?

赤川 次郎

吸血鬼の誕生祝

吸血鬼の誕生祝

暴力の連鎖に吸血鬼父娘が挑む!

赤川 次郎

同じジャンルの本

赤川 次郎