拡大

恋も仕事も歓喜の大団円!

平安あや解き草紙

~その女人、匂やかなること白梅の如し~

  • 610円+税
  • 2022年1月20日発売

――入道の女宮様が、東山の御邸に私を招待してくださったのです。

帝に忠誠を誓う伊子を見限った入道女宮は、伊子の恋人である嵩那と大納言の娘・玖珠子の婚姻を画策する。しかし玖珠子は姉の麗景殿女御の看病を名目に、婚約の話を中断。そんな中、洛外では疫病流行の兆しの報せが届き、帝が病に倒れた。それが入道女宮の呪詛ではないかと囁かれ……。帝を守るため、嵩那を巻き込まないため、伊子は入道女宮と最後の対決を決意する!

著者プロフィール

小田 菜摘

おだ なつみ

佐賀県在住。沖原朋美名義で2003年度ノベル大賞・読者大賞受賞。集英社オレンジ文庫に『君が香り、君が聴こえる』、『平安あや解き草紙』シリーズ、コバルト文庫に『そして花嫁は恋を知る』シリーズ、ビーズログ文庫に『革命は恋のはじまり』『なりゆき斎王の入内』シリーズなどがある。

関連書籍

201903月刊平安あや解き草子

平安あや解き草紙~その姫、後宮にて天職を知る~

婚期を逃した姫君が、何の因果か後宮へ…!

小田 菜摘

2020年1月_平安あや解き草紙

平安あや解き草紙~その恋、人騒がせなことこの上なし~

若さと美しさは同じものではない。けれども――

小田 菜摘

掌侍(ないしのじょう)・大江荇子(こうこ)の宮中事件簿

こじれた他人の話題は、いつの世も楽しい。

小田 菜摘

平安あや解き草紙~その姫、後宮にて宿敵を得る~

いつの時代も仕事も恋も悩ましい。平安お仕事絵巻!

小田 菜摘

同じジャンルの本

小田 菜摘