拡大

こじれた他人の話題は、いつの世も楽しい。

掌侍(ないしのじょう)・大江荇子(こうこ)の宮中事件簿

  • 640円+税
  • 2021年12月17日発売

帝が錫紵(喪服)を脱いだのは、弥生に入ってすぐのことだった。

内裏女房として働く大江荇子の信条は、自分の食い扶持は自分で稼ぐこと。そんな荇子の耳に噂と謎が入ってくる。スズメ殺し、汚された紙、引き抜き工作、そしていてはいけない人…。降りかかる火の粉を払うため、荇子は噂の真相を突き止めるのだが、それが思わぬ闇をあぶり出し…。出世は望まず問題も起こさず、ただ定年退職を目指す女房の、平安・宮中事件簿開幕!

著者プロフィール

小田 菜摘

おだ なつみ

佐賀県在住。沖原朋美名義で2003年度ノベル大賞・読者大賞受賞。集英社オレンジ文庫に『君が香り、君が聴こえる』、『平安あや解き草紙』シリーズ、コバルト文庫に『そして花嫁は恋を知る』シリーズ、ビーズログ文庫に『革命は恋のはじまり』『なりゆき斎王の入内』シリーズなどがある。

関連書籍

平安あや解き草紙~その女人達、故あり~

「長きに渡って主上にお仕えしたいのです。」

小田 菜摘

平安あや解き草紙~その女人達、ひとかたならず~

人の心に命令はできない。己の心に従うのみ――

小田 菜摘

201908月刊平安あや解き草紙

平安あや解き草紙~その後宮、百花繚乱にて~

いつの時代も、はたらく女子は大変です。

小田 菜摘

2020年1月_平安あや解き草紙

平安あや解き草紙~その恋、人騒がせなことこの上なし~

若さと美しさは同じものではない。けれども――

小田 菜摘

同じジャンルの本

小田 菜摘