拡大

絶体絶命の危機を、運命の少女が救う――。

神招きの庭 5

綾なす道は天を指す

  • 640円+税
  • 2021年12月17日発売

霞がかった白い闇が、血の色に染まっている。

神鎮めの儀で命を落としたはずの二藍が、生きていた。二藍の死を証言した綾芽は虚言の罪で幽閉されてしまう。これは何者かの陰謀だと疑った綾芽は、尚大神の助けを借りて脱獄し、仇敵である八杷島の神官・羅覇に協力を求めた。一方、斎庭に現れた二藍は、大君の退位と祭祀の返還を迫って反乱を起こす。果たして彼は本物の二藍なのか。そしてその暴挙の真意は……。

著者プロフィール

奥乃 桜子

おくの さくらこ

群馬県出身、富山県在住。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、「あやしバイオリン工房へようこそ」で2017年ノベル大賞佳作受賞、同作で文庫デビュー。おもな著作に『上毛化学工業メロン課』『それってパクリじゃないですか?』(集英社オレンジ文庫)『身代わり姫と呪われし賢者』(コバルト文庫)など。

関連書籍

神招きの庭 3花を鎮める夢のさき

垣間見た未来は、すべてまぼろしのうちに。

奥乃 桜子

あやしバイオリン工房へようこそ

あやしバイオリン工房へようこそ

心震わす優しい音楽を、あなたに。

奥乃 桜子

神招きの庭 2五色の矢は嵐つらぬく

あなたのために、運命さえ変えてみせる。

奥乃 桜子

201810上毛化学工業メロン課

上毛化学工業メロン課

リストラ回避の鍵はメロン!? 理系女子のお仕事小説!

奥乃 桜子

同じジャンルの本

奥乃 桜子