拡大

彼の筆に、封じられぬ“あやかし”はなし!

あやかしギャラリー画楽多堂

~転生絵師の封筆事件簿~

  • 640円+税
  • 2021年5月20日発売

カーンと甲高い木槌の音が鳴った。

ギャラリー画楽多堂を営む斉藤楽真。天才と称される彼は、実は人に仇なすあやかしを絵に封じる転生絵師だった。楽真は、あやかし狩りの頭目・上総と共に、警視庁の依頼で自分の寿命を対価にあやかしを競り落とすと噂のオークションを捜査することに。だが周囲で異変が起こるたび、見えざる存在が忍び寄る…。人の闇に入り込むあやかしの狙いとは!? 現代退魔伝!

著者プロフィール

希多 美咲

きた みさき

9月27日生まれ。岡山県出身・在住。 「月下浮世奇談」で2012年度ロマン大賞受賞。受賞作を改題・加筆改稿した『写楽あやかし草紙 月下のファントム』(コバルト文庫)でデビュー。集英社オレンジ文庫に「からたち童話専門店」シリーズ、『探偵日誌は未来を記す~西新宿 瀬良探偵事務所の秘密~』などがある。

関連書籍

新釈 グリム童話

新釈 グリム童話―めでたし、めでたし?―

おとぎ話の扉を開けるのは、あなたです。

谷 瑞恵白川 紺子響野 夏菜松田 志乃ぶ希多 美咲一原 みう

からたち童話専門店1

からたち童話専門店〜えんどう豆と子ノ刻すぎの珍客たち〜

答えは、おとぎばなしに隠れている。

希多 美咲

からたち童話専門店2

からたち童話専門店〜雪だるまと飛べないストーブ〜

きみはもう、ひとりぼっちじゃないんだ。

希多 美咲

探偵日誌は未来を記す

探偵日誌は未来を記す~西新宿 瀬良探偵事務所の秘密~

事件の鍵は”日誌”の中に--!?

希多 美咲

同じジャンルの本

希多 美咲