拡大

この探偵社がとにかく胡散臭い――。

精霊指定都市

精霊探偵社《So Sweet》と緋色の総帥

  • 640円+税
  • 2021年4月20日発売

欅区欅通り一丁目、欅第一ビル三階。精霊探偵社《So Sweet》。

花森だりあは幼い頃から不思議なものが見える体質だったが、変に思われないよう明かすことはなかった。しかしぼんやりとしていたそれが、十六歳になった頃から、急にはっきりと見えるようになり、登校もできなくなってしまう。心配する母に理由を打ち明けると、実家の曾祖母に相談するように言われたことをきっかけに、妙な探偵社で働くことになってしまい…?

著者プロフィール

我鳥 彩子

わどり さいこ

10月24日生まれ。蠍座。B型。静岡県出身。『最後のひとりが死に絶えるまで』で2009年度ロマン大賞佳作受賞。代表作に『贅沢な身の上』『あくまで悪魔!』『チョコレート・ダンディ』などのシリーズがある(いずれもコバルト文庫)。仔猫とチョコレートとバッハをこよなく愛する道楽人間。へたくそなチェロを弾き、フルーツの種を蒔いては枯らす日々。

関連書籍

2019年11月雛翔記

雛翔記天上の花、雲下の鳥

私はこの郷を守らなければならない。地上の神庭を――

我鳥 彩子

うちの中学二年の弟が

弟は小悪魔系トラブルメーカー!?

我鳥 彩子

Fが鳴るまで待って

Fが鳴るまで待って天才チェリストは解けない謎を奏でる

チェロに宿る《狼》は、謎の答えだけを教えてくれる。

我鳥 彩子

201907月刊マリア嬢の誰も知らない結婚

アリア嬢の誰も知らない結婚

「可愛いアリア。怒らないで――ほら、笑って?」

我鳥 彩子

同じジャンルの本

我鳥 彩子