拡大

「長きに渡って主上にお仕えしたいのです。」

平安あや解き草紙

~その女人達、故あり~

  • 570円+税
  • 2021年4月20日発売

後涼殿の納殿には、目も眩まんばかりに豪奢な唐物(舶載品)が数多く並んでいた。

嵩那への恋心と帝への忠誠で揺れる伊子。だが思いとは裏腹に伊子は宮廷での存在感を高めていく。そんな中、新大納言の大姫が新たに入内した。同じ頃若き女御の殿舎が荒らされ、さらに出産を間近に控えた藤壺女御・桐子の下を夜な夜な訪れる亡き先々帝と思しき人影……。果たして犯人は? 皇統の奪回を目論む入道の女宮の影がちらつく宮廷で、伊子の差配が光る!

著者プロフィール

小田 菜摘

おだ なつみ

佐賀県在住。沖原朋美名義で2003年度ノベル大賞・読者大賞受賞。集英社オレンジ文庫に『君が香り、君が聴こえる』、『平安あや解き草紙』シリーズ、コバルト文庫に『そして花嫁は恋を知る』シリーズ、ビーズログ文庫に『革命は恋のはじまり』『なりゆき斎王の入内』シリーズなどがある。

関連書籍

君が香り、君が聴こえる

君が香り、君が聴こえる

こんなにせつない恋があるなんて。

小田 菜摘

201908月刊平安あや解き草紙

平安あや解き草紙~その後宮、百花繚乱にて~

いつの時代も、はたらく女子は大変です。

小田 菜摘

平安あや解き草紙~その女人達、ひとかたならず~

人の心に命令はできない。己の心に従うのみ――

小田 菜摘

平安あや解き草紙~その姫、後宮にて宿敵を得る~

いつの時代も仕事も恋も悩ましい。平安お仕事絵巻!

小田 菜摘

同じジャンルの本

小田 菜摘