拡大

垣間見た未来は、すべてまぼろしのうちに。

神招きの庭 3

花を鎮める夢のさき

  • 620円+税
  • 2021年2月19日発売

桃危宮の中ほど、東の築地塀を抜けたところに、桜池という名の見事な池がある。

神気を補う劇薬「神金丹」を兜坂国に持ち込んだのは、友好国のはずの八杷島だった。さらに八杷島の祭官・羅覇はかつて身分を偽って斎庭に潜入していた。八杷島の真意が知れぬ中、地方で疫病が発生する。綾芽たちは疫病の神を鎮める祭礼を執り行うが、神の勧請に失敗し、祭主の鮎名は疫神ごと自らを結界に封じてしまう。救出に向かった綾芽と二藍が見たものとは……。

著者プロフィール

奥乃 桜子

おくの さくらこ

群馬県出身、富山県在住。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、「あやしバイオリン工房へようこそ」で2017年ノベル大賞佳作受賞、同作で文庫デビュー。おもな著作に『上毛化学工業メロン課』『それってパクリじゃないですか?』(集英社オレンジ文庫)『身代わり姫と呪われし賢者』(コバルト文庫)など。

関連書籍

神招きの庭

神々と人が織りなす、古代和風ファンタジー。

奥乃 桜子

それってパクリじゃないですか?~新米知的財産部員のお仕事~

みんなの努力の結晶を守るのが私たちの仕事です!

奥乃 桜子

神招きの庭 2五色の矢は嵐つらぬく

あなたのために、運命さえ変えてみせる。

奥乃 桜子

201810上毛化学工業メロン課

上毛化学工業メロン課

リストラ回避の鍵はメロン!? 理系女子のお仕事小説!

奥乃 桜子

同じジャンルの本

奥乃 桜子