拡大

神々と人が織りなす、古代和風ファンタジー。

神招きの庭

  • 620円+税
  • 2020年5月20日発売

白砂の庭に築かれた舞台の上、朱色の階の先に、おんな神がゆらりと立っていた。

兜坂国の斎庭(後宮)は、神を招き、もてなす場。実体を持つ神々は豊穣と繁栄を招く反面、ひとたび荒ぶれば恐ろしい災厄を国にもたらす。地方の郡領の娘・綾芽は、親友の死の真相を探るため上京した。そこで偶然、荒ぶる女神を鎮めてみせた綾芽は、王弟の二藍に斎庭の女官として取り立てられる。だが、それは国の存亡を揺るがす事件の幕開けに過ぎなかった……。

著者プロフィール

奥乃 桜子

おくの さくらこ

群馬県出身、富山県在住。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、「あやしバイオリン工房へようこそ」で2017年ノベル大賞佳作受賞、同作で文庫デビュー。おもな著作に『上毛化学工業メロン課』『それってパクリじゃないですか?』(オレンジ文庫)『身代わり姫と呪われし賢者』(コバルト文庫)など。

関連書籍

それってパクリじゃないですか?~新米知的財産部員のお仕事~

みんなの努力の結晶を守るのが私たちの仕事です!

奥乃 桜子

あやしバイオリン工房へようこそ

あやしバイオリン工房へようこそ

心震わす優しい音楽を、あなたに。

奥乃 桜子

201810上毛化学工業メロン課

上毛化学工業メロン課

リストラ回避の鍵はメロン!? 理系女子のお仕事小説!

奥乃 桜子

同じジャンルの本

奥乃 桜子