拡大

天才絵師・月舟が描いた絵にはモノノケが棲んでいる。

モノノケ踊りて、絵師が狩る。

―月下鴨川奇譚―

  • 640円+税
  • 2020年2月20日発売

そのまこと奇怪なる百枚連作を「月舟シリーズ」と呼ぶ。

江戸末期の絵師・月舟が描いた妖怪画には、本物が封じ込められているという。そして現代。月舟の子孫・詩子は、美大に通う学生だが、もうひとつの顔があった。散逸した月舟の妖怪画を探し、憑きもの落とす家業を継いでいたのだ。幼馴染みの青年・七森が持ち込んだ情報によると、月舟の絵を所有する画廊のオーナーが足を火で炙られるような痛みを訴えているらしく…?

著者プロフィール

水守 糸子

みずもり いとこ

2018年度ノベル大賞佳作受賞。著書に、同受賞作を改題した「ナイトメアはもう見ない 夢視捜査官と顔のない男」、「モノノケ踊りて、絵師が狩る。―月下鴨川奇譚―」(集英社オレンジ文庫)、「BLANCA エディルフォーレの花嫁」(スイ名義・一迅社アイリス文庫)がある。椿は赤の侘助がすき。

関連書籍

201901月刊ナイトメアはもう見ない 夢視捜査官と顔のない男

ナイトメアはもう見ない夢視捜査官と顔のない男

「硝子。……あんたはそのままでいてな」

水守 糸子

乙女椿と横濱オペラ

文明開化の横濱に、怪異をみる三文絵師あり。

水守 糸子

同じジャンルの本

水守 糸子