拡大

おいしい料理と人がつなぐ心温まる物語、佳境へ…!

ゆきうさぎのお品書き

風花舞う日にみぞれ鍋

  • 570円+税
  • 2020年1月17日発売

いまでもときおり思い出す。
若葉揺れるあの日、彼女がはじめてバイトにやって来た日のことを。

2月末、碧は大樹の実家・風花館を訪問する。好物で歓待されたことを嬉しく思っていたら、大樹の祖母が寝込んでしまい!? 季節はめぐり3月。大学卒業が近づき、勤務先となる学校では研修が始まった。ある日、帰宅すると父親のつくった肉じゃがが食卓に。「ゆきうさぎ」のレシピでつくったそれを二人で食べながら、碧はある報告をする――。けじめと新たな出発の第9巻!

著者プロフィール

小湊 悠貴

こみなと ゆうき

神奈川県出身、在住。2013年ロマン大賞受賞。コバルト文庫に『十三番目の女神は還らない』『七番目の姫神は語らない』、集英社オレンジ文庫に『ゆきうさぎのお品書き』シリーズ、『ホテルクラシカル猫番館』シリーズがある。

関連書籍

ゆきうさぎのお品書き 親子のための鯛茶漬け

ゆきうさぎのお品書き親子のための鯛茶漬け

大事な人の、おいしい顔は、うれしい。

小湊 悠貴

ゆきうさぎのお品書き201712

ゆきうさぎのお品書き祝い膳には天ぷらを

「美味しい」と笑う、あなたのその笑顔が見たいから。

小湊 悠貴

ゆきうさぎのお品書き 熱々おでんと雪見酒

ゆきうさぎのお品書き熱々おでんと雪見酒

あの日の“おいしい”を、今日のあなたと。

小湊 悠貴

2019年12月ホテルクラシカル猫番館2

ホテルクラシカル猫番館横浜山手のパン職人 2

噛みしめるのはパンのおいしさだけじゃない。

小湊 悠貴

同じジャンルの本

小湊 悠貴