拡大

人生は悲喜こもごも。まずはご飯を召し上がれ。

ゆきうさぎのお品書き

母と娘のちらし寿司

  • 570円+税
  • 2018年11月20日発売

七月六日、十一時。
ガラスのドアを開けると、心地のよい冷気が、汗ばんでいた肌をすうっと冷やしてくれた。

亡き母と同じ、教師になるために入念な準備をしてきた碧。だが、思わぬ急病で、採用試験を受けられず……。気持ちを切り替え、就職活動に励むのだが--。一方、「ゆきうさぎ」は零一という料理人を迎え、メニューにも変化が。また、ついに碧と付き合うことになった大樹は、なんとか彼女を励ましてやりたいと考えて……? 秋が深まる中、常連客にもそれぞれの転機が訪れる!

著者プロフィール

小湊 悠貴

こみなと ゆうき

神奈川県出身、在住。2013年ロマン大賞受賞。コバルト文庫に『十三番目の女神は還らない』『七番目の姫神は語らない』、集英社オレンジ文庫に「ゆきうさぎのお品書き」シリーズ、『ホテルクラシカル猫番館』がある。

関連書籍

ゆきうさぎのお品書き1

ゆきうさぎのお品書き6時20分の肉じゃが

あなたの食欲をそそる一品、ここにあります。

小湊 悠貴

201806ゆきうさぎのお品書き6

ゆきうさぎのお品書きあじさい揚げと金平糖

いつも平和な店に降りかかる、突然の危機…!!

小湊 悠貴

ゆきうさぎのお品書き 親子のための鯛茶漬け

ゆきうさぎのお品書き親子のための鯛茶漬け

大事な人の、おいしい顔は、うれしい。

小湊 悠貴

ゆきうさぎのお品書き 8月花火と氷いちご

ゆきうさぎのお品書き8月花火と氷いちご

本日、裏メニューもありますよ!

小湊 悠貴

同じジャンルの本

小湊 悠貴