拡大

誰もが知る“彼女”の、誰も知らない正体。

後宮の烏(からす)

  • 600円+税
  • 2018年4月20日発売

後宮の奥深く、〈烏妃(うひ)〉と呼ばれる妃が住んでいる。

後宮の奥深く、妃でありながら夜伽をすることのない、「烏妃」と呼ばれる特別な妃が住んでいる。その姿を見た者は、老婆であると言う者もいれば、少女だったと言う者もいた。彼女は不思議な術を使い、呪殺から失せ物さがしまで、何でも引き受けてくれるという――。時の皇帝・高峻は、ある依頼のため烏妃の元を訪れる。この巡り合わせが、歴史を覆す禁忌になると知らずに。

白川紺子作品、3カ月連続刊行記念キャンペーン実施中!

白川紺子キャンペーンバナー

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』『後宮の烏』シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

契約結婚はじめました。 5~椿屋敷の偽夫婦~

ついに完結! 秋の椿屋敷、仲良し偽夫婦の出した答えは?

白川 紺子

201908月刊後宮の烏3

後宮の烏 3

真の“救い”は光であり、葛藤……歴史が再び動き出す――

白川 紺子

201805下鴨アンティーク

下鴨アンティークアリスの宝箱

心の奥の箱――それは、ささやかな秘密を集めた宝箱。

白川 紺子

下鴨アンティーク1

下鴨アンティークアリスと紫式部

アンティーク着物・小物をめぐるミステリー

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子