拡大

大国フランク王国の大使殺害事件に医学生が挑む!

時をかける眼鏡

王の決意と家臣の初恋

  • 550円+税
  • 2018年1月19日発売

晴れ渡った空を、ふんわりした真っ白の雲がゆっくりと流れていく。
高地であるせいか、やけに近く見えるその雲を見上げ、西條遊馬は思わず呟いた。

過去の世界でマーキス王家に力を貸す決意をした西條遊馬。遊馬は、マーキス王国からポートギース王国に嫁ぐ姫王子・ヴィクトリアのお供の一人として、随行することになる。各国の賓客を招き、ポートギースの王・ジョアンとヴィクトリアの結婚式が盛大に行われ、そこには、大国フランクの使節も招かれていた。盛大な結婚式が行われた夜、フランク王国の使節が何者かに殺害されて……?

著者プロフィール

椹野 道流

ふしの みちる

2月25日生まれ。四緑木星・魚座のO型。兵庫県在住。元監察医。「奇談シリーズ」「鬼籍通覧シリーズ」(講談社)ほか、「メス花シリーズ」(二見書房)、「ローウェル骨董店の事件簿シリーズ」、「最後の晩ごはんシリーズ」(KADOKAWA)など著作多数。

関連書籍

猫だまりの日々201712

猫だまりの日々猫小説アンソロジー

人生は、悲喜もふもふ。

谷 瑞恵椹野 道流真堂 樹梨沙一穂 ミチ

時をかける眼鏡 華燭の典と妖精の涙

時をかける眼鏡華燭の典と妖精の涙

学生遊馬が、幻の宝物を求めた先で見たものは…。

椹野 道流

時をかける眼鏡 王の覚悟と女神の狗

時をかける眼鏡王の覚悟と女神の狗

中世の謎を“現代法医学”で解き明かす、タイムスリップ・ミステリー

椹野 道流

時をかける眼鏡1

時をかける眼鏡医学生と、王の死の謎

法医学者がリアルな知識で描くタイムスリップ法医学ミステリー

椹野 道流

同じジャンルの本

椹野 道流