拡大

築六十余年の古屋敷が語る、ふんわりご近所事件簿

契約結婚はじめました。2

~椿屋敷の偽夫婦~

  • 570円+税
  • 2017年11月17日発売

今日も朝から、スズメたちは家族会議でやかましい。

<椿屋敷>と呼ばれる一軒家に住む香澄と柊一は、仲の良い新婚夫婦だ。しかし、二人はワケあって結婚した偽装夫婦でもある――。ある日、柊一の母・美幸が椿屋敷を訪ねてくる。柊一を自分の選んだ相手と見合いさせたがっていた美幸だが、香澄との結婚には一切の反対をしなかった。それには何か思惑があるのではと言う人もいて……。椿屋敷で嫁姑問題が勃発、か……!?

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』シリーズ、『後宮の烏』(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

201806契約結婚はじめました。3

契約結婚はじめました。3~椿屋敷の偽夫婦~

椿屋敷、まさかの三角関係、勃発か……?

白川 紺子

201804後宮の烏

後宮の烏(からす)

誰もが知る“彼女”の、誰も知らない正体。

白川 紺子

下鴨アンティーク1

下鴨アンティークアリスと紫式部

アンティーク着物・小物をめぐるミステリー

白川 紺子

下鴨アンティーク2

下鴨アンティーク回転木馬とレモンパイ

初夏の京都を、着物でお散歩しましょ。

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子