拡大

若隠居な和装男子×訳あり女子が、利害の一致婚!?

契約結婚はじめました。

~椿屋敷の偽夫婦~

  • 570円+税
  • 2017年05月19日発売

寿町四丁目一番地、通称〈椿屋敷〉――それが私だ。

寿町四丁目にある、通称〈椿屋敷〉。そこに住む柊一は、若くして隠居暮らしをしているため、若隠居と呼ばれている。そんな彼のもとに嫁いできた、十九歳の香澄。しかしそこには秘密があった。ふたりは利害の一致から結婚した、偽装夫婦なのだ。町の相談役である柊一のもとには、たびたび近所から相談が持ち込まれるが――。「家」が語る、わけありな人々の物語。

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』『契約結婚はじめました。』シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『夜葬師と霧の侯爵』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

下鴨アンティーク 暁の恋

下鴨アンティーク暁の恋

気持ちを告白して以来、関係がギクシャクしはじめた鹿乃と慧だったが……?

白川 紺子

下鴨アンティーク 雪花の約束

下鴨アンティーク雪花の約束

京都×アンティーク。恋が急展開の第5弾!

白川 紺子

下鴨アンティーク201712

下鴨アンティーク白鳥と紫式部

アンティーク・ミステリー、ついにクライマックス!

白川 紺子

下鴨アンティーク1

下鴨アンティークアリスと紫式部

アンティーク着物・小物をめぐるミステリー

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子