拡大

大人気少女コミックの実写映画が小説に!

ひるなかの流星

映画ノベライズ

  • 500円+税
  • 2017年2月17日発売

生まれて初めてやってきた東京は、故郷と地続きとは思えないほど、別世界だった。

田舎生まれの女子高生・すずめは、上京初日に彼女を助けてくれた獅子尾に生まれて初めて恋をする。一方で同級生・馬村からは告白されて・・・。累計250万部の大人気コミックス原作の映画を小説で・・・!

著者プロフィール

ひずき 優

ひずき ゆう

2月6日生まれ。横浜出身。『REAL×FAKE』で2007年度ロマン大賞を受賞し、受賞作を改題した『キミのいる場所/-REAL×FAKE-』にてデビュー。主な作品に『書店男子と猫店主』シリーズ、『そして、アリスはいなくなった』『小説 不能犯女子高生と電話ボックスの殺し屋』などがある。

関連書籍

201805相棒は小学生

相棒は小学生図書館の少女は新米刑事と謎を解く

"少女"はすべてを知っている。

ひずき 優

書店男子と猫店主の長閑なる午後

書店男子と猫店主の長閑なる午後

あなたの記憶、お返しします――。

ひずき 優

201802小説不能犯

小説 不能犯女子高生と電話ボックスの殺し屋

愚かだね。人間は------。

ひずき 優

書店男子と猫店主の平穏なる余暇

書店男子と猫店主の平穏なる余暇

誰にでも"自分だけの物語"がある??。

ひずき 優

同じジャンルの本

ひずき 優