拡大

少なくとも今は、ここが僕のいるべき場所なんだ。

時をかける眼鏡

眼鏡の帰還と姫王子の結婚

  • 590円+税
  • 2016年5月20日発売

夏は過ぎ去ったとはいえ、午後の日差しは意外なまでに強く、ジリジリと肌を焼く。

元の世界に戻る日がいつになるのかわからないまま、過去の世界のマーキス島で暮らす医学生の西條遊馬。いまの生活にも慣れてきた矢先、姫王子ヴィクトリアの結婚話がもちあがった。大国アングレからの申し入れだから、断るのは難しい。だが簡単に受け入れるわけにもいかない…。王であるロデリックが見出した答えとは!? そして遊馬は唐突に決断を迫られることに!

著者プロフィール

椹野 道流

ふしの みちる

2月25日生まれ。四緑木星・魚座のO型。兵庫県在住。元監察医。「奇談シリーズ」「鬼籍通覧シリーズ」(講談社)ほか、「メス花シリーズ」(二見書房)、「ローウェル骨董店の事件簿シリーズ」、「最後の晩ごはんシリーズ」(KADOKAWA)など著作多数。

関連書籍

201906月刊時をかける眼鏡8

時をかける眼鏡魔術師の金言と眼鏡の決意

「お前は、この世界に存在を許されし者だ。今はな」

椹野 道流

猫だまりの日々201712

猫だまりの日々猫小説アンソロジー

人生は、悲喜もふもふ。

谷 瑞恵椹野 道流真堂 樹梨沙一穂 ミチ

201807時をかける眼鏡

時をかける眼鏡兄弟と運命の杯

財宝の秘密を握るミイラが発見されて…!?

椹野 道流

ハケン飯友僕と猫のごはん歳時記

君さえいれば、毎日がごちそう日和

椹野 道流

同じジャンルの本

椹野 道流