拡大

呪いの庭園に隠されたのは、過去の幻影。

異人館画廊

幻想庭園と罠のある風景

  • 570円+税
  • 2015年8月20日発売

長い髪の少女が、異人館のテラスに座り込んでいた。此花千景、彼女は幼かったが、くっきりした目鼻立ちや長い手足に、将来美しくなるだろう片鱗を隠さず、ふてくされた子猫のようにうずくまっていた。

図像術の絵を求めて離島に住むブリューゲルのコレクターを訪ねた千景。波田野は邸の庭園でブリューゲルの絵を再現し、そこに図像術を込めようとしていた。庭園を完成させれば絵を見せると言われた千景は庭園の謎を追うが、透磨はそれが千景の父・伸郎の設計だと気づく。父の見えない悪意に苦しむ千景は、さらに波田野の息子が起こした事件に巻き込まれてゆき…。

著者プロフィール

谷 瑞恵

たに みずえ

三重県出身。『パラダイス ルネッサンス』で1997年度ロマン大賞佳作入選。コバルト文庫『伯爵と妖精』シリーズ、集英社文庫『思い出のとき修理します』シリーズ、最新単行本は『木もれ日を縫う』集英社刊。他、著書多数。

関連書籍

異人館画廊1

異人館画廊盗まれた絵と謎を読む少女

絵画の謎を読み解く美術ミステリー!

谷 瑞恵

猫だまりの日々201712

猫だまりの日々猫小説アンソロジー

人生は、悲喜もふもふ。

谷 瑞恵椹野 道流真堂 樹梨沙一穂 ミチ

201712異人館画廊5

異人館画廊失われた絵と学園の秘密

呪いの絵画に隠された、学園の秘密とは――!?

谷 瑞恵

異人館画廊2

異人館画廊贋作師とまぼろしの絵

呪いの絵画をめぐる美術ミステリー

谷 瑞恵

同じジャンルの本

谷 瑞恵