オレンジ文庫

毎月20日ごろ発売

店主オレンジのつぶやき MenuClose
お坊さんとお茶を

クールな美坊主と見習い僧侶の下町人情譚

お坊さんとお茶を

孤月寺茶寮はじめての客

  • 著者 真堂 樹
  • 装画 木下 けい子
  • 本体550円+税

2015年2月20日発売

眼鏡越しに見上げる門は、昨夜の雨のせいで黒っぽく湿っている。鈍色の瓦の隙間から生えた雑草の緑が、まぶしい。

お人好しで要領の悪い三久は、勤め先をリストラされ路頭に迷ってしまう。行き倒れた先は、猫まみれの貧乏寺・孤月寺だった。クールな美形僧侶・空円と、謎の水商売風男・覚悟の二人が営むこの寺で、三久は僧侶見習いとして居候することに。慣れない清貧生活(?)に四苦八苦していた三久だが、突然、近所で起きた強盗傷害事件の犯人扱いされてしまって…!?

真堂 樹しんどう たつき

1月3日生まれ。山羊座。O型。東京都出身。『春王冥府』で1994年下期ノベル大賞受賞。デビュー作の中華風ファンタジー『四龍島』シリーズで人気を博す。近著に『お坊さんとお茶を』シリーズ、『双牙』(ともに集英社)など。