拡大

アンティーク着物・小物をめぐるミステリー

下鴨アンティーク

アリスと紫式部

  • 550円+税
  • 2015年01月20日発売

ことのはじまりは、アリスだった。 京都の桜もちらほらと開花しはじめた、三月下旬のある日。

京都、下鴨−−。高校生の鹿乃は、旧華族である野々宮家の娘だ。両親を早くに亡くし、兄の良鷹と、准教授をしている下宿人の慧と三人で、古びた洋館に住んでいる。アンティーク着物を愛する鹿乃は、休日はたいてい祖母のおさがりの着物で過ごす。そんなある日、「開けてはいけない」と言われていた蔵を開けてしまう!すると、次々に不思議なことが起こって…!?

著者プロフィール

白川 紺子

しらかわ こうこ

三重県出身。同志社大学文学部卒。雑誌Cobalt短編小説新人賞に入選の後、2012年度ロマン大賞受賞。『下鴨アンティーク』シリーズ、『契約結婚はじめました。』(集英社オレンジ文庫)、『ブライディ家の押しかけ花婿』『雪侯爵と銀灯師』(コバルト文庫)などの著書がある。

関連書籍

新釈 グリム童話

新釈 グリム童話―めでたし、めでたし?―

おとぎ話の扉を開けるのは、あなたです。

谷 瑞恵白川 紺子響野 夏菜松田 志乃ぶ希多 美咲一原 みう

下鴨アンティーク3

下鴨アンティーク祖母の恋文

芙二子さんの最初で最後の恋文を僕にください。

白川 紺子

下鴨アンティーク2

下鴨アンティーク回転木馬とレモンパイ

初夏の京都を、着物でお散歩しましょ。

白川 紺子

下鴨アンティーク 暁の恋

下鴨アンティーク暁の恋

気持ちを告白して以来、関係がギクシャクしはじめた鹿乃と慧だったが……?

白川 紺子

同じジャンルの本

白川 紺子