拡大

帝都の怪異に男爵の影あり!

怪談男爵 籠手川晴行 2

  • 650円+税
  • 2022年8月19日発売

晩秋ともなると、午後三時くらいであっても陽光はなんとはなしに黄昏の色を帯びていく。

怪異に愛される美貌の青年男爵・籠手川晴行。子爵家長男ながら苦学生の幼馴染み・室静栄。三流新聞の下っ端記者・諏訪虎之助。馴染みの茶屋に三人が集まれば、不可思議な事態に遭遇し、みんなして首を突っ込むことに。市電に現れる謎の女児、花見に現れた辻切り、帝都を騒がす猟奇殺人事件などなど。帝都・東京を舞台に怪異に挑む、大正モダン怪奇譚第二弾!

著者プロフィール

瀬川 貴次

せがわ たかつぐ

1991年『闇に歌えば』でデビュー。集英社コバルト文庫に「聖霊狩り」「鬼舞」など著書多数。集英社文庫に『波に舞ふ舞ふ 平清盛』「ばけもの好む中将」シリーズなどがある。

関連書籍

怪奇編集部『トワイライト』

怪奇編集部『トワイライト』

怖いけど怖くない? 新感覚まったりオカルト小説!

瀬川 貴次

怪談男爵 籠手川晴行

花咲く帝都に怪異に愛される美貌の男爵あり!

瀬川 貴次

怪奇編集部『トワイライト』2

怪奇編集部『トワイライト』2

「死してなお、金に縛られるか……」

瀬川 貴次

わたしのお人形怪奇短編集

「ああ、やっぱりかわいいよ、マリアンヌ……」

瀬川 貴次

同じジャンルの本

瀬川 貴次