拡大

「少しだけ、昔の話をしよう」水神『指月』は時を超えて…!

京都伏見は水神さまのいたはるところ

藤咲く京に緋色のたそかれ

  • 620円+税
  • 2022年5月20日発売

吐く息も凍りつくような、二月のその日。京都は何年かに一度のひどい雪に見舞われていた。

祖母の神社を手伝いながら、大学院生として民俗学の研究をしているひろ。ある日、ひろが偶然持ち帰った掛け軸に描かれた藤の花と赤毛の山犬を目にした白蛇の化身シロは、遠い昔の記憶を思い出し語り始める。それはかつてシロが「指月」と呼ばれ水神として畏れられていたころの物語……。時をこえてシロがどう生きたか、その秘密が明かされる、人気シリーズ番外編!

著者プロフィール

相川 真

あいかわ しん

4月17日生まれ。京都出身。第2回みらい文庫大賞優秀賞受賞。『ハロウィン★ナイト ウィッチ・ドールなんか大キライ!!』にてデビュー。既刊に「ハロウィン★ナイト」シリーズ、「青星学園★チームEYE-Sの事件ノート」シリーズ、「明治横浜れとろ奇譚」シリーズ、『君と星の話をしよう』「京都伏見は水神さまのいたはるところ」「京都岡崎、月白さんとこ」シリーズがある。

関連書籍

2019年9月刊京都伏見は水神さまのいたはるところ3

京都伏見は水神さまのいたはるところ雨月の猫と夜明けの花蓮

京都を彩る花鳥猫。水にまつわるあやかし事鎮め、じんわり優しい3つの物語――!

相川 真

京都伏見は水神さまのいたはるところ綺羅星の恋心と旅立ちの春

別れの季節…惹かれ会う二人の選択は…!?

相川 真

201903月刊水神さまのいたはるところ_2

京都伏見は水神さまのいたはるところ花ふる山と月待ちの君

過保護な水神さまと幼馴染に挟まれて、京都あやかし事鎮め、春の巻――!

相川 真

2020年1月_京都伏見は水神さまのいたはるところ

京都伏見は水神さまのいたはるところゆれる想いに桃源郷の月は満ちて

満月輝く夜、恋心も遂に目覚めて…?

相川 真

同じジャンルの本

相川 真