拡大

いつでもここが、私の帰る場所…!

京都岡崎、月白さんとこ

花舞う春に雪解けを待つ

  • 620円+税
  • 2022年1月20日発売

茜は月白邸の庭先に、桜のつぼみがほろりとほころんでいるのに気がついた。

茜とすみれ姉妹が京都岡崎の「月白邸」に住むようになって早や一年。月白邸の主で若き天才日本画家の名をほしいままにしつつも人嫌いの久我青藍と、出入りの絵の具屋で太陽のようにあたたかな人柄の紀伊陽時とともに、家族のような絆を感じながら日々暮らしていた。そんなある日、月白邸とかつて取引のあった扇骨屋、海里の依頼で青藍は、岡崎の古い洋館、通称「鳳凰館」に障壁画を納める。鳳凰館のかつての持ち主の知り合いである少年・結紀人に「その絵はニセモノだ」と言われた青藍を手伝って、茜は共に鳳凰館の本当の姿をさがすのだが……!?

著者プロフィール

相川 真

あいかわ しん

4月17日生まれ。京都出身。第2回みらい文庫大賞優秀賞受賞。『ハロウィン★ナイト ウィッチ・ドールなんか大キライ!!』にてデビュー。既刊に「ハロウィン★ナイト」シリーズ、「青星学園★チームEYE-Sの事件ノート」シリーズ、「明治横浜れとろ奇譚」シリーズ、『君と星の話をしよう』「京都伏見は水神さまのいたはるところ」「京都岡崎、月白さんとこ」シリーズがある。

関連書籍

京都岡崎、月白さんとこ人嫌いの絵師とふたりぼっちの姉妹

わたしたち、今日から家族です。

相川 真

201809京都伏見は水神さまのいたはるところ

京都伏見は水神さまのいたはるところ

いつもそこにいて守ってくれる……あなたは誰?

相川 真

京都伏見は水神さまのいたはるところ藤咲く京に緋色のたそかれ

「少しだけ、昔の話をしよう」水神『指月』は時を超えて…!

相川 真

明治横浜れとろ奇譚2

明治横浜れとろ奇譚堕落者たちと、開かずの間の少女

三人の堕落者たち、女学生を救わんと奔走す。

相川 真

同じジャンルの本

相川 真