拡大

咲き誇れ、殺意。

花に隠す

~私が捨てられなかった私~

  • 660円+税
  • 2021年12月17日発売

気象庁の発表によれば、季節が六つとなって二十年が経過した今年は、平年に比べ、さらに厳しい暑さとなるようだ。

その欲望は決して叶えてはいけない――。不倫を続ける夫との生活に疲れた妻は、猛暑を超える暑さをもたらす灼熱の太陽を利用した完全犯罪を思いつく。不倫相手もまた、自分のものにならない男を手に入れようとして極寒の吹雪の中、男を手にかけた。殺意はまるで季節のように巡る。一線を越えるか、踏みとどまるか。さまざまな季節に花開く、秘密と欲望の短編集。

著者プロフィール

長谷川 夕

はせがわ ゆう

『亡霊』で2015年度ノベル大賞、準大賞受賞。受賞作を改題、改稿した『僕は君を殺せない』でデビュー。

関連書籍

月の汀に啼く鵺は巷説山埜風土夜話の相続人

怪異に隠された優しさを照らす風土幻想奇譚

長谷川 夕

201802どうか、天国に

どうか、天国に届きませんように

この願いは、誰も聞かなくていい。

長谷川 夕

おにんぎょうさまがた

おにんぎょうさまがた

美しい“彼女”たちのノスタルジック・ホラー

長谷川 夕

僕は君を殺せない

僕は君を殺せない

問題:だれが「僕」で、だれが「君」でしょう?

長谷川 夕

同じジャンルの本

長谷川 夕