拡大

半吸血鬼のパートナーに求められる資質とは――?

忘れじのK

はじまりの生誕節

  • 600円+税
  • 2021年12月17日発売

十月の後半になると、フィレンツェは一気に街の色どりを変える。

アメリカの医学部を中退したガブリエーレは、フィレンツェで知り合ったダンピール“K”と共に過ごすため、見届け人ニポーテとなる決心をした。すると適性を審査するためバチカンから神父が派遣されてきた。バシリスと名乗ったその神父は陽気な太鼓腹の男だったが、折しもフィレンツェでは、強烈な突風が頻発し、Kたちはそれに「黒いもや」の気配を感じていて……?

著者プロフィール

辻村 七子

つじむら ななこ

9月24日生まれ。神奈川県出身。『時泥棒と椿姫の夢』で2014年度ロマン大賞受賞。受賞作を改題・加筆改稿した『螺旋時空のラビリンス』で文庫デビュー。

関連書籍

宝石商リチャード氏の謎鑑定 祝福のペリドット

宝石商リチャード氏の謎鑑定祝福のペリドット

「もっとうぬぼれていなさい、中田正義」

辻村 七子

リチャード氏の謎鑑定1

宝石商リチャード氏の謎鑑定

その宝石には、せつない謎が宿っている。

辻村 七子

螺旋時空のラビリンス

螺旋時空のラビリンス

時を永遠に彷徨っても、君を二度と死なせない。

辻村 七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定輝きのかけら

あの頃の話と、あれからの話。

辻村 七子

同じジャンルの本

辻村 七子