拡大

ちょっとおバカで、最高に一生懸命な初恋物語!

小説 消えた初恋

  • 610円+税
  • 2021年10月20日発売

 これは一生懸命で善良な高校生たちの、ちょっとおバカな恋の物語である。

片思い中の橋下さんに消しゴムを借りた男子高校生の青木。ところが消しゴムには両思いになれるおまじないとしてクラスメイトの男子・井田の名前が…。玉砕した青木の初恋。しかし消しゴムを見た井田に勘違いされてしまい?青木は橋下さんが、橋下さんは井田が好き。なのに「友達から始めないか?」物語は想定外の方向に転がりはじめ!?ドラマ化コミックスの小説版!

著者プロフィール

宮田 光

みやた ひかる

栃木県生まれ。第4回富士見ラノベ文芸大賞審査員特別賞を受賞し、『まぼろしメゾンの大家さん あやかし新生活はじめました』(富士見L文庫)でデビュー。他の著書に「死神のノルマ」シリーズ(集英社オレンジ文庫)、『四つ葉通りには秘密がある』(富士見L文庫)がある。

関連書籍

死神のノルマ二つの水風船とひとりぼっちの祈り

切ない祈りと温かい別れに、あなたはきっと涙する――。

宮田 光

2020年2月_死神のノルマ

死神のノルマ

死神にスカウトされた。そしてノルマが課せられた。

宮田 光

同じジャンルの本

宮田 光